デコブログ

2018/3/29

「DIYで失敗した人へ」


モノづくりが好きな人にとってDIYは楽しいもの。しかし素人である以上、どうしても失敗してしまうことはあります。特に初心者はミスしやすいものですが、最初の一歩でつまづいてしまい、DIYをやめてしまうことも。
そんな時は、プロに相談できるサービスを利用してみましょう!


1. DIYの魅力

DIYの魅力は、何と言っても「楽しい!」が先に来るでしょう。勉強は嫌いだったけど、図画工作は楽しかったという方も多いのでは?子どもから大人まで楽しめるのがDIYで、自分の思った通りに制作できるのもメリットです。

DIYは日本語的に言えば日曜大工。仕事が休みのお父さんが子どもの勉強机を作ったりすれば尊敬の眼差しを向けられるのは嬉しいものです。人に喜んでもらえて自分も嬉しいというのは、モノづくりの原点ですね。

2.よくあるDIYの失敗例

楽しみながらできるDIYも、失敗してしまう場合が多々あります。

よくある失敗例としては、壁に棚を付けたのに取り付けが不十分で落下してしまったり、机を作ってみたら座りが悪くてガタガタになってしまったりといったことが挙げられます。
また、簡単なDIYと言われている壁紙の張替えですら、浮いてきてしまってまたやり直しになってしまうケースも。

腕に自信が付いてきたとしても素材を見る目がまだまだで、それによって失敗してしまうケースもあります。キッチンに使うものを防水性の低い素材で作ってしまったことによって、すぐにボロボロになってしまったりなどは、その典型的な事例といえますね。

楽しさが魅力のDIYといっても、失敗が続くとどうしてもくやしい思いをしてしまいます。また、素人の場合、どうすれば改善できるのかが分からないということも少なくないでしょう。

3.プロの力を借りてDIYを楽しむ!

DIYは楽しみたいけど、失敗はしたくない。そんな方は、プロの力を借りてみてはいかがでしょうか?

デコジャパンではリフォーム事業を通じて蓄積したノウハウを活かし、DIYに関するご相談に対応しております。プロにモノづくりを任せてしまったら、それはもはやDIYではありません。だから、デコジャパンでは達成感というDIYの醍醐味を守るために、具体的なアドバイスだけをいたします。

4.まとめ
DIYの楽しさは、思った通りのものづくりができるという達成感とセットになったものです。「お父さんすごい!」の一言を聞くためにも、やるからには成功させなくてはいけませんね。DIYで悩んだら、デコジャパンまでお気軽にご連絡ください!